「ドームハウス愛媛」


どっとイブニング!

昨日に引き続き、ドームハウスの組み立て工事です。今日はユニックが登場。
CLT木材はコンクリ-トにも匹敵する素材だけあり、重量があり、2段目からは人力では
不可能です。三角パネルを1枚づつユニックで釣り上げて、組み立てていきます。
IMG_2160

最後は五角形に組み立てたパネルを一気に釣り上げてIMG_2162
IMG_2163
IMG_2165
バチッと合いました。
2日間でドーム構造の完成です。

従来は日本の伝統工法の組木でフレームを組み、その中に、パネルや断熱材をはめ込む
方法でドーム構造を作っていましたが、今回は一気にCLT木材の三角パネルで組み立て、作業工程がかなり短縮されました。

私はドームハウスの普及はしていますが、建築業界の人間ではありません。
CLT木材も初めてです。そんな素人の私が直観したことは、「地球上の建築物が変わっていく・・・」
ということ。日本でも幼稚園や図書館など公共施設が木造に変わってきていると聞きますが、高層ビルも木造に変わっていくでしょう。
この2日間の工事を見ながら、建築においても、森林保護を始め、持続可能な循環型に移行していくのでは?と、明るい未来を感じています。続く・・・

CLT木材使用のドームハウスは
「JAPAN Home&Bulding Show 2019」
会期:11/13~11/15
会場:東京ビックサイト 西展示場
にて愛媛県より紹介されます。(直径2mのミニドームハウスを展示)