イメージ 1

イメージ 2

「ベルリン・天使の詩」 わらべうた 原詞 ペーター・ハントケ
 (映画『ベルリン 天使の詩』 字幕より抜粋)

第1章

子供は子供だった頃

腕をブラブラさせ

小川は川になれ 川は河になれ

水たまりは海になれ と思った

子供は子供だった頃

自分が子供とは知らず

すべてに魂があり 魂はひとつと思った

子供は子供だった頃

なにも考えず 癖もなにもなく

あぐらをかいたり とびはねたり

小さな頭に 大きなつむじ(```)

カメラを向けても 知らぬ顔



第2章

子供は子供だった頃

いつも不思議だった

なぜ 僕は僕で 君でない?

なぜ 僕はここにいて そこにいない?

時の始まりは いつ?

宇宙の果ては どこ?

この世で生きるのは ただの夢

見るもの 聞くもの 嗅ぐものは

この世の前の世の幻

悪があるって ほんと?

いったい どんなだった

僕が僕になる前は?

僕が僕でなくなった後

いったい僕は 何になる?



第3章

子供は子供だった頃

ほうれん草や豆やライスが苦手だった

カリフラワーも

今は平気で食べる

どんどん食べる

子供は子供だった頃

一度は他所(よそ)の家で目覚めた

今は いつもだ

昔は沢山の人が美しく見えた

今はそう見えたら僥倖

昔は はっきりと

天国が見えた

今はぼんやりと予感するだけ

昔は虚無におびえる

子供は子供だった頃

遊びに熱中した

あの熱中は今は

自分の仕事に 追われる時だけ



第4章

子供は子供だった頃

リンゴとパンを 食べてればよかった

今だってそうだ

子供は子供だった頃

ブルーベリーが いっぱい降ってきた

今だってそう

胡桃を食べて 舌を荒らした

それも今も同じ

山に登る度に もっと高い山に憧れ

町に行く度に もっと大きな町に憧れた

今だってそうだ

木に登り サクランボを摘んで

得意になったのも 今も同じ

やたらと人見知りをした

今も人見知り

初雪が待ち遠しかった

今だってそう

子供は子供だった頃

樹をめがけて 槍投げをした

ささった槍は 今も揺れている


こんな風に「ベルリン・天使の歌」は、ペーター・ハントケの詩から始まります。

ブルーノ・ガンツの天使、ピーター・フォークの映画俳優。天使は、人間の世界を見守ります。

年老いた語り部、寂しいサーカスのブランコ乗りの女、電車の中で自殺を思う男、交通事故で

死に行く男たちに「希望と安らかな心」を与えるシーンが続きます。

なんともいえない静謐と光に満ちた映画です。巻頭監督ヴェンダースの「この映画を小津安二郎

にささげる」というコメントが入ります。

人間世界を見守ることに飽きた天使は地上に降りることを考え始めます。

そして、冷戦下のベルリンの壁の広場に降り立ちます。

そして、ブランコ乗りの女に恋するというロマンチシズム溢れる作品です。

天使の目から見た世界はモノクローム、人間世界はカラーになるという様々な映像手法もみどころ。

天使の目から、人間からという二重性も面白いのですが、『刑事コロンボ』のピーター・フォーク

が映画俳優としての役を演じる・・という二重設定もなかなかいい。

彼は、もと天使で人間になったという役です。天使に語りかけます。

「ご同輩、眼には見えないが、そこにいるのはわかってるんですよ」

「こちらは、なかなかいいですよ」と誘いかけるシーンが印象に残りました。

ベルリンの壁が崩れる数年前に撮られた作品ですが、崩れる予感に満ちています。

「スローアイランド倶楽部」スローシネマ・コーナーより
http://www.hpmix.com/home/mindharp/CI13.htm