イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


はい、こんにちは。やまねこ郵便の購読を只今募集中です。スローリビング日記に親しんでいただける
方々に第一信のみ公開いたします。皆様、この機会にご登録をいただけますように。(=^o^=)

ご登録はこちらから・・・・ヤフー・メルマガ
URL:http://merumaga.yahoo.co.jp/Category/2077881594/
(かんたん登録・メルアド・個人情報は不要。いつでも受信・停止できます。)

やまねこ郵便 創刊 第1信

はい、こんにちは。やまねこ(=^o^=)
いよいよ、やまねこ郵便をお届けします。

ゆる系という生き方

ゆったり丸く暮らしたい。
やまねこ郵便は“ゆる系というライフ・スタイル”を考えるメルマガです。
ゆったり、ゆっくり、まったり、という表現にあてはまるような自然体
の生き方という風にも言えるかも知れませんね。(=^o^=)
何かと慌ただしい生活環境で暮らす人はとても多い世の中です。
高度にシステム化され、効率化され、複雑化した現代のようなシステム
社会でいかにして“自然体を大切に自分らしく暮らす”かを考えて行きたい
と思います。
そして同時にメンタル・ヘルス・・・心の健康と言うことも考えてゆきたいと
思っています。
「あくせくするな ゆっくり生きよう!」の中で著者のリチャード・カールソン
はこう語ります。
「わたしたちは、誰でも心の健康をみんな備えている。
それが自覚されないのは
 ストレスや分析的な思考でその出口を覆っているからだ。わたしたちは
心の健康と言う生得の力を活用して豊かに生きる権利がある。」
メンタル・ヘルスの力は誰にもあるというのです。ゆるライフとは、この
メンタル・ヘルスを回復してゆったり自然体で生きよう・・・ということなのです。
「やまねこ郵便」は、そんな”ゆるライフ”のヒントや知恵をサポートできる
メル・マガにできれば幸いと考えています。
皆様のゆるライフの一助としてお読みいただけますように。
ご登録・お申し込みをこころよりお礼申し上げます。

         『注文の多い雑貨店』  店主 やまねこ(=^o^=)

“ゆるライフ”を考える
”ゆる系"というテーマで、メンタル・ヘルス・ケアについて、
ゆっくり考えていました。(=^o^=)
心の健康と言うことを考える上で、何が一番大切かと言うとやはり
「ゆっくり」と「ゆるやか」ということではないかと思っています。
生活のスロー・ダウンをメンタルな次元でもフォローしてゆくことこそ、
現代の加速化した生活環境の中では、有効な処方箋ではないかな?
ゆる系の対極には、加速化・合理化・システム化があります。
現代社会の三つの特質とも言えるでしょう。この傾向は時代の流れとして
うなずける側面は確かにあります。より効率のよい、より快適な、
より迅速な生活を望めばこれらはとても役立ちます。
ちょうどパソコンを活用して諸々のサービスや事務処理などをこなすように
です。
ですから、必ずしも加速化、合理化、システム化を否定するつもりはありま
せんが問題はそこにメンタルな競争原理が入ってきたときに問題が生じます。
加速化したシステムに心が追いつこうとするとてきめん、メンタルなエラーが
起きるのです。
人よりも早く、人よりも効率よく、人よりも合理的に・・・と競争を始めると
果てしない競走に巻き込まれます。これは終わりのない競争であり、また
決して勝利者のいない競争です。ちょうど影を追いかけるようにわたしたちは
、相手を追い越すことは不可能なのです。
競争原理のシステムに心が順応しようとすると「焦り」の感情が起きます。
そして、この焦りこそが様々なメンタルなトラブル、生活の加速化を生んで
ゆくのです。しかし、現代は人間に焦りを要求します。
そういう世界から自由になり、セルフ・モードで暮らすにはやはり、ゆる系の
生き方が一番良きブレーキとなります。わたしたちはこの焦りの根底にある
「不安」と向き合い、不安の根底にある自己否定と向き合い、静かに自分を
肯定して、ゆっくり前進することができるようになります。
また、ゆるライフのモットーは暮らしを楽しむこと・・と思っています。
ゆるライフをテーマとすることができれば、慌ただしく通り過ぎる風景のよう
な生活から、ぐるりと周りを見廻す生活にシフトしてゆきます。
いままで、気づかなかった生活の細部、風景の陰影、人の面影、自然の変化など
などを眺めることが楽しくなります。
これは、わたしだけの生き方というものではなく誰にでも可能なものなのでしょう。
一度立ち止まり、自分の周りを見回すこと。
そして、一息ついて、あなたも「ゆるライフの楽しみ」を見つけてみませんか?
ただ、今、ここにいて・・・ゆるライフを始めましょう。(=^o^=)

ゆるライフの知恵袋1

神話から・・・・

みなさんは大黒様をご存知でしょうか。
出雲大社に祀られていて大国主命と言われていますね。
大黒様は大きな袋を背負っています。
古事記によれば、兄神たちからうとんじられた大国主は旅の荷物を沢山つめて
兄神たちの荷物運びをさせられました。
そればかりか、兄神たちは大きな岩を火で真っ赤に焼いて
「お前は山から駆け下りてくる赤いイノシシを受け止めろ」と山から転がり
落とします。
イノシシだと思った大国主は、焼けた岩を受け止めて、焼け死んでしまいます。
また
木の又の割れ目に挟まれたりして何度も死んでしまいます。そのたびに女神たち
の魔法で生き返るのです。
これは、オオクニヌシが黄泉の国の守り神であり、死と再生を司っていることを
示しています。
そして、大国主が背負っている大きな袋は何を表わしているのでしょうか。
一説によればあの袋の中身は竪琴だったと言われています。
ハープの入った袋を背負ったオオクニヌシは、弓ヶ浜で因幡の白兎に出会います。
ここでも兄神たちはワニに赤裸にされた白兎にいじわるな忠告をします。
「海の水で体を洗って、風に当たってれば傷は治るよ。」
言われた通りにしたうさぎはますます傷が痛み、泣いていると大国主が
通りかかって傷の治療法を教えてやります。
真水で体を洗い、蒲の穂の花粉の上をころがればいいと教えるのです。
大国主は、死と再生の神であると同時に治療の神でもあったということなのでしょう

ご存知の人も多い古事記の出雲神話なのですが、お話したかったのはハープの入った
大きな袋を背負った治療神ということなのです。
そして、大国主は諸国をさまよい歩く、漂泊の神でもあります。
大国主が背負った袋に入ったハープは何を表わしているのでしょうか?
このハープは、アメノノリゴトと呼ばれ天界の調べを奏でるものと言われます。
わたしたちの心を癒す音楽の深みにあるもの・・・古事記は神代七代の中で
「音のぢ・音のべの神」の名を伝えています。
宇宙開闢の頃・・太初に音楽があったということなのでしょう。

音楽はわたしたちの心をゆるめてくれます。

ハープの音楽 「月の砂漠」をお聴きください。
URL: http://mindharp.com/newpage126.html  注文の多い雑貨店 音楽ページより

ではでは  またお会いしましょう。  やまねこ(=^o^=)でした。