イメージ 1

イメージ 2

(みどり萌える夢の里  フラー・ドーム構造体)

エコ・ヴィレッジ作りパートナーシップ募集中!!
『ロハス・ヒルズ夢の里とべ』 



マンデルブロ集合 『エピタフ』キング・クリムゾン


はい、どっとこ・いぶにんく(=^o^=)やまねこでおます。ハウス・ビルドは

夢の里スタッフの方々と外構工事と玄関ポーチ、最終升の埋め込みなどにかかって

いました。

住宅建築は、ハウス構造以外の給排水・電気・外構・設備などいろいろあって

なかなか大変ですね。内装工事も進んでいますので、おそらく六月には完成の

めどです。

やまねこは、ライフ・デザイン研究所の構想を練っています。

ハードとしてのフラー・ドーム・ハウスからソフト・プランニングに少しずつ

移行しているということなのです。

夢の里アグリ・ファームとドーム・ハウス事業をベースにライフ・デザイン研究所

を設立したいのですが、そのもっとも基本となる「考え方」は、バックミンスター

フラー博士のシナジェティックスという思想です。

フラー博士の提唱した「デザイン革命」を理念として、様々な実験的な試みを続けて

ゆきたいと思っています。

スロー・デザイン住宅としてのフラー・ドーム・ハウスをカルチャー・サロンとして

活用するプランは、かなり有効かな、と思っています。

夏にはチェロ・コンサートやチベット写真展、瞑想ワークショップ、ハーブ教室など

をオープニングの内見会のあとに催そうと思います。

暮らし方をデザインすることは、ライフ・スタイルをひとりひとりの創意工夫で紡ぎ

出すということです。また、仲間づくりや創作、スロー・フード・パーティなども楽しみ

たいものです。ロハス・ライフとは、定まった形を求めることではなく、自然というカン

バスにそれぞれの夢を描き出すということなのでしょう。

やまねこの夢は、大地をカンバスに夢の里を形作って行くということです。