イメージ 1




『ブック・オブ・サタデイ』キング・クリムゾン

はい、どっと・こむばんは(=^o^=)夢の里は、雪が舞い散る寒い一日でありました。

とはいえ、寒気の中でもまもなく、梅の花がほころびそうです。

企画会議室を建築中の夢の里のY社長と語らっていました。

夢の里では、春から砥部焼体験教室を開設したり、「夢の里車座会議」という

コーポラティブ・ネットワークを創設したりという計画で準備を進めています。

「これからの時代はね、お金を稼ぐのがとても難しくなるよ。だから、みんなで助け合って

 知恵を持ち寄って、支え合うしかないんだ。ワーク・シェアとともにビジネス協同が

 これまで以上に生き残りの要になってくる。」というのが、ここ二年のY社長の持論ですが

夢の里でそんなコーポラティブ・ビジネスの実験にかかろうと思っています。

まず、砥部焼の釜を設置して、ミュージシャンの仙九郎さんを世話人として、とべ焼体験教室

をはじめる計画です。

やまねこは、とべ焼を学びつつ、「埴輪」の素焼きにも挑戦してみようとひそかに画策中!

なにやら、国籍不明のネイティブな感性を持った方々が集まってきそうです。

アバターのパンドラみたいなものでしょうか。

火と水と大地を基本として暮らすロハス・ライフの実践を仲間たちと楽しみながら学ぶ

「森の学校」を作りたいと思っているのです。

また、ストローベイル(藁屋根)のドーム・ハウスもメンバー共同で作ってみたい。

エコロジカルでヘルシーな生活環境作りがロハス・ライフなのですから、これを身近な学びの場

とすべく体験型スクールまで育ててゆけば、夢の里の基盤が整うと思われます。

勿論、これはひとりの力では決して実現不可能です。

夢の里に関わる方々と語らいながら、形にしてゆくという地道なプランニングから着手すべき

でしょう。