イメージ 1





今日は1日雨模様。昼頃、自然農法を実践しているT君が収穫したハッピーヒルの玄米を持って訪ねてく

れました。やまねこから紹介されて、自然農法の大家福岡さん宅からいただいたハッピーヒルを無農薬で

育てているのです。普通の玄米より少し小粒。今我が家の炊飯器で音をたてて煮立っています。

T君は偶然、山の高台にある我が家(ドームハウス)を見つけ、(その時はフラードームハウスがこんな

ところにと思ったそうですが・・・)、ネットでこのドームハウス日記をみつけ連絡くれてご縁ができた

若者です。今月下旬に奥様と海外へ放浪の旅にでかけるとのことです。まずはタイやカンボジアのアジア

圏をまわり、それから状況をみて旅先を決めていくそうです。旅行前なのでテンション高くなってるかな

と思いきや、深く考えすぎて生きる活力が萎えてきているとのこと。この世的ではなくなってきているよ

うな・・・。「何のために生きるのか?」自分自身でさえ、思っていることがどんどん変わっていく。何

を信じれば・・・という無常観かな。私も同じ状況なのでこういう話をしました。やまねこは「どう生き

るか、「クオリティ オブ ライフ」を大事にしてました。だから「ライフ デザイン 研究所」という名前

にしたんです。因があって結果が生じる。その横軸に縁がある。縁をどうつなぐかによって結果が変わっ

てくる。「この場所(夢の里)に出会い、その2か月後にドーム構造を研究している大工さんに出会いあ

れよあれよという間にドームハウス事業を5年間で展開していったのは、やまねこが引き寄せた縁でそれ

を結んでいった結果で彼にしか為し得なかったと思う。彼の30年間の夢が形になっていきました。奇蹟と

いってもいいようなものでした。それは、やまねこだけに起こることではなく、みんな人ぞれぞれの縁が

あり、それをどう結んでいくか、そこに結果が生じてくる。それが生きるということではないかなと思う

んです。」

「待つ忍耐も必要、今はお互いその時期かもね。」「何か計らいをもってするのは僕も違う気がするんで

す。旅もどうなっていくかわからないけど、同じ時期に旅にでるKさんと偶然旅先で会う気もするんで

す。」彼との語らいは日常生活とは程遠い世界ですが、自分の中にあるものを鏡で映して確認している

ような感じがしました。