どっとイブニング!(^^)!
 
今日は松山の地方祭、あっという間に時間が過ぎていっていました。
 
時間トンネルに入っていたみたいです。
 
9/3010/1と再び高野山に行ってまいりました。今回は、金剛峯寺での「庭儀結縁潅頂三
 
昧耶戒」の儀式に参列させて頂き、その後、金堂で「金剛界結縁潅頂」を受けてきました。
 
宿泊先は高室院で阿闍梨の宮島先生の関係者の方達とご一緒させて頂きました。
 
早朝5時から宮島先生よりお話しがありました。
 
「『庭儀結縁潅頂三昧耶戒』の儀式とは戒律を授けるものと授かるものとの問答を古文で語
 
っているもので、参列している者を代表して1人が戒律を授かる儀式だそうです。
 
砂漠にある宗教とは違い、絶対守らないといけないものではないですが、仏教で戒律とは
 
人間各々が持っている種を花開かせるためのもので、どうするかは各個人にゆだねられて
 
います。菩薩や如来は外にあるものではなく、自分の心の内にあるものです。「心の探求」
 
なんですよ。」と言われたことが印象的でした。
 
 
お遍路で「十善戒」やご本尊の真言を唱えてきましたが、対象が自分の外にあったように
 
思います。そうではなく、自分の心の内なるものに働きかけて自分の種を花開かせる。
 
自分の中でぐでんとひっくり返りました。やまねこが「夢見る力」と言っていたことだと
 
思います。
 
今回は初めてで、ご一緒させて頂いた方の後ろを着いて行っていました。どこにいっても
 
お先達さんはいるものですね。ありがたいことです。

イメージ 1
イメージ 2
「庭儀結縁潅頂三昧耶戒」の儀式

「庭儀結縁潅頂三昧耶戒」の儀式も金堂に上がって座し、ずっと、身近で拝見することが
 
できました。参列した私も戒律を授かったことになります。
 
「結縁潅頂」これは、異次元の世界です。経験したものでないと解らない。

あの感覚は今でも鮮明に残っています。
 
毎年、五月「胎蔵界結縁潅頂」10月「金剛界結縁潅頂」があるので、興味のある方は
 
実際に参加されてみるのが良いかと思います。
 
もう1つ、今回の旅はやまねこを聖地に連れてくる大事な仕事がありました。
 
旅立つ2日前に夢にお大師さんがでてきて「弟子にならないか」と誘われた
 
やまねこです。お大師さんがいらっしゃる御廟の傍で修業ができるように高野山に分骨
 
しました。
 
あちらとこちら、表と裏でまだまだ私達の修業は続きます。
 
一昨年の今日、私は地元の札所参りをしていました。魂のドライブでかなり遠くまできた
 
ような気がします。ここまで連れてきてくれたやまねこに感謝するとともに、
 
「夢見る力」を信じ、自分の内にある種を花開かせるぞと決意する秋祭りの日でございま
 
した。(=^0^=)