どっとイブニング!(^^)!
昨日より2連休、秋台風の過ぎ去った後の片付けに追われていました。
庭一面に生えていたコスモスはなぎ倒され、木の枝は曲がってしまい、とんでも庭になって
しまいました。
倒れたコスモスを引っこ抜き、曲がった木の枝はのこぎりでぎーこぎこして切り取りました。
ずっと雨で気になっていたさつまいもを収穫し、ドームハウスのお客様をお迎えし、忙しい2日間で
ごさいました。

イメージ 1
「やまねこ畑で収穫したサツマイモ」

収穫したサツマイモを干していると夢の里のY社長が軽トラックでやってきました。
Y社長が収穫したほうれん草、ねぎ、サツマイモを持ってきてくれたのです。
イメージ 2

サツマイモも2倍の量になりました。
Y社長が「どうも、販売しているサツマイモの蔓での収穫量が少ないんよ。
掘り残したサツマイモからでてきた蔓の方が収穫量が多いわい。次は自分で蔓を作ろうと思っとる。」
若い頃から自分で仕事を作ってきたY社長、「いかにして・・・」という姿勢は今だ健在です。
「自分で作るのは楽しいやろ。ぼちぼちでえ~、自分の食べるものは自分で作っていこや。」
こうやっていつも声をかけてくれます。

今夜は、お隣さん家で夢の里女性4人で一緒に夕食を楽しみました。
お隣さんとはよく一緒に食事をします。
今回、はじめてサツマイモの蔓で佃煮を作ってみました。夕食に持っていったら大盛況。
Y社長からもらった採って出しのほうれん草は胡麻和えになっています。
「こういう天然自然の素朴な食事がいいのよね。」

お隣さんとは「みんな助け合わんといかん。人間1人では生きていかれんやろ。」と良く話をします。
昔の長屋のようなお付き合いをしています。
ちょっと今の時代では珍しいかもしれませんが、お互い干渉しない、個人を尊重するという点では
現代的です。
夢の里は住み心地のよいミニコミュニティですね。(=^0^=)